押出成形を行う現場ではメヤニを抑制する離型剤の存在が必要不可欠

工場地帯

CHOICES

小さな樹脂成型にフッ素コーティング系離型剤を導入しよう!

加工作業

樹脂成型の中でも、ゴムやシリコン製品は成型が難しくなっています。樹脂材料として柔らかいだけでなく、金型に塗布する離型剤がゴムやシリコンにダメージを与えてしまうといった問題もあります。結果、離型剤を少なく塗布し、製品へのダメージを軽減しようとしたところ樹脂停滞によりメヤニにより不良品が発生しやすくなります。そこで、フッ素コーティング系の離型剤でメヤニを抑制し、製品品質へ影響も改善しましょう。
フッ素コーティング系離型剤は、ワックスなどの油脂とは異なり、ゴムやシリコンへの攻撃性がありません。そのため、薄く塗布しメヤニ発生により不良品を大量に処分しているといった無駄なコスト発生が抑制できます。また、ただでさえ成型が難しいゴムやシリコンで、小さな成型にもフッ素コーティング系離型剤は優れています。
小さなゴムやシリコンを成型する金型は、離型剤の塗布ムラが発生しやすくなります。ですが、フッ素コーティングは水溶性が多く、金型全体を浸し、完全乾燥させるだけでと隅々まで離型剤を行き渡らせることができます。また。化学的に保護皮膜を形成するため、溶液に浸しても部分的に皮膜が厚くなり過ぎることもありません。一度にプレス加工により樹脂成型を行う金型などにも優れた効果を発揮してくれる離型剤ならフッ素コーティング系のものを選択しましょう。

CHOICES

TOP