押出成形を行う現場ではメヤニを抑制する離型剤の存在が必要不可欠

工場地帯

CHOICES

薄さと透明性が求められるフィルム製造に離型剤が利用されている!

金属のパーツ

ありとあらゆる樹脂成型品には、離型剤が必要不可欠です。樹脂成型はペレットを押出機で熱を加え溶融押出を行います。これは薄さや透明性を求められるフィルム製造においても同じです。そんな薄さや透明性が求められる製品においても、メヤニ抑制は重要な問題であり効果的なのがフッ素コーティング系離型剤です。
溶融樹脂を押出加工する場合、ダイ出口に樹脂が停滞しスジが発生することがあります。フィルム製造において、メヤニにより発生したスジが圧延され、広がってしまうといったことがあるものの、フッ素コーティング系離型剤なら効果的に抑制を行えます。メヤニは、効果が持続する離型剤を使用することで発生し難くなります。ですが、実際には停滞しないものの、樹脂表面にはメヤニの原因となる樹脂のカスが付着しています。
結果、離型効果が薄れたローラーにカスが付着し、不良の原因になる可能性もあり、圧延ローラーを使用するフイルム工程では、効果が持続する離型剤としてフッ素コーティング系が用いられます。ワックス系の場合、連続使用により効果が薄れやすいものの、フッ素コーティングは効果が継続します。ダイ出口だけでなく、複数のローラーが設置された製造工程でもフッ素コーティング系離型剤は塗布が行いやすい上、効果持続性もあるため使用されています。

CHOICES

TOP