押出成形を行う現場ではメヤニを抑制する離型剤の存在が必要不可欠

工場地帯

CHOICES

離型剤は経験や技能に左右されないフッ素コーティングの物を選ぼう!

大量のパイプ

樹脂成型を行う製造現場において、離型剤は必要不可欠なものです。金型での樹脂停滞によりメヤニが生じるといった不良を抑制するためには、離型剤は有効です。しかし、ワックスなどの油脂系離型剤の塗布は、経験や技能に左右されてしまい、作業者により不良率にばらつきが生じてしまいます。そこで、メヤニによる不良を抑制するため、経験や技能に左右されないフッ素コーティング系離型剤を導入しましょう。
ワックスなどの油脂系離型剤は、厚さ管理が必要であり、作業時には感覚や加減が必要になります。結果、若手の作業者になると塗布ムラが生じやすくなります。ですが、フッ素コーティング系離型剤はベテランと若手に差がなく塗布することができます。フッ素コーティング系離型剤は、油脂系のように物理的な保護膜形成ではなく、フッ素化合物により化学的な保護膜を形成しています。
既定の濃度かつ乾燥により、金属表面に定着する以外の保護層が形成されず、作業者が異なる場合でも同じ保護皮膜を形成できます。そのため、若手の作業者でもベテランと同じようにメヤニによる不良が発生し難く、材料ロスがなくなります。また、フッ素コーティング系離型剤は、製造工程内でも濃度調整が行いやすいものが多く、ある程度の濃度に許容範囲もあるものを選ぶのがポイントになります。そのほか、ワックスのように汚れなどの異物混入の心配もありません。

CHOICES

TOP